目のクマの原因

目のクマには大きく分けて3種類のクマがあり、それぞれに原因がありますが、
目のクマの最大の原因が、目の周りの筋力低下とコリによる血流の悪化です。

目の周りの筋力が衰えると目の下にむくみができます。
また、目の周りの筋力が衰えると血流が悪くなります。

人間の身体の血行、血流は筋肉が収縮によって補助されています。
目の周りには、眼輪筋、上直筋、下直筋など目を支える筋肉があり、
またまぶたを動かす筋肉もありますが、それら筋肉が衰えると目の周辺の血流が悪くなります。
また、筋肉が硬直してコリがおこると、血行を阻害することになります。

目の周りの皮膚は薄いので、血行が悪くなった静脈が透けて見えるのが青クマと呼ばれるものです。
筋力が衰えて、目の下がむくみ、影のようになったクマが黒クマです。
茶クマは、メラニン色素の排出が進まず滞留してシミとして現れたものです。

では、目のクマ 消す方法としては、どのようなものがあるでしょうか。
まず、目のクマを引き起こす原因である目の周りの筋力の低下とコリはどうしておこるのでしょう。
その原因はいろいろとありますが、加齢やストレス、生活習慣などが挙げられます。
特に現代社会では、長時間のパソコン作業などのコリを誘発する作業が多く、
長時間のテレビやゲームも一因と考えられます。

茶クマの原因はスキンケア?

目のくまには3種類あると書きましたが、
その中でも茶クマと呼ばれる、茶色のくまがあります。

この茶クマというのは、シミやそばかすと同じで、
メラニン色素が肌に沈着したものです。

シミが連なったり、目の周りにできることで茶色いくまとして
見えてしまいます。

この茶クマができる原因は、顔にシミができる原因と同じで、
日焼けなど太陽光線を浴びて、過剰に生成されたメラニン色素の沈着ではありますが、
同時にもう1つ、スキンケアに過剰な負担がかけられている場合もあります。
アイラインなどのアイメイクが負担になっている場合もありますし、
また、目をこすり過ぎたりということでシミが発生することもあります。

原因がシミですので、防止はシミ防止と同様の方法となります。
まずは、日焼けを防ぐこと。
太陽光線をさえぎることはは、シミ防止の第一にくるものです。

そして、アイメイクで負担をかけないようにすること。
こすりすぎや引っ張りすぎは厳禁です。
一日の終わりには、アイメイクをしっかりと落としましょう。
落とされていないメイクが色素沈着の原因となることもあります。
その場合にも優しくが鉄則です。

スキンケアを行う場合も、目の周りは優しく、優しくを心がけましょう。
ケアをしているつもりが、却って目の周りの皮膚に負担を与え、
くまを増やすことにもなりかねません。

たるみによる目のクマ ― 黒クマ

加齢などで目の下にたるみができ、
それが影のように黒く見えることがあります。
これが、たるみによる目のくま、「黒くま」と呼ばれるものです。

この黒くまの原因は、加齢などによる目の周りの筋肉のゆるみやたるみです。

目の下の皮膚がたるみんだり、緩んだりすることで影ができ、
くまとして見えるので、「影くま」とも呼ばれています。

そのため、顔がむくんだときに目立つ傾向にあり、
元来、涙袋が大きい人もめだつことがあります。

黒くまの対策は、顔のむくむ対策を行うこと、
そして、コラーゲンを増やす化粧品など、肌のハリを取り戻す対策が中心となります。

コラーゲンを増やすのに有効な成分が配合されているコスメを使うことは、
ハリ対策として有効な方法です。

また、身体を冷やさない、塩分を摂り過ぎないなどのむくみ対策と同時に行うと良いでしょう。