たるみによる目のクマ ― 黒クマ

加齢などで目の下にたるみができ、
それが影のように黒く見えることがあります。
これが、たるみによる目のくま、「黒くま」と呼ばれるものです。

この黒くまの原因は、加齢などによる目の周りの筋肉のゆるみやたるみです。

目の下の皮膚がたるみんだり、緩んだりすることで影ができ、
くまとして見えるので、「影くま」とも呼ばれています。

そのため、顔がむくんだときに目立つ傾向にあり、
元来、涙袋が大きい人もめだつことがあります。

黒くまの対策は、顔のむくむ対策を行うこと、
そして、コラーゲンを増やす化粧品など、肌のハリを取り戻す対策が中心となります。

コラーゲンを増やすのに有効な成分が配合されているコスメを使うことは、
ハリ対策として有効な方法です。

また、身体を冷やさない、塩分を摂り過ぎないなどのむくみ対策と同時に行うと良いでしょう。