目のクマの原因

目のクマには大きく分けて3種類のクマがあり、それぞれに原因がありますが、
目のクマの最大の原因が、目の周りの筋力低下とコリによる血流の悪化です。

目の周りの筋力が衰えると目の下にむくみができます。
また、目の周りの筋力が衰えると血流が悪くなります。

人間の身体の血行、血流は筋肉が収縮によって補助されています。
目の周りには、眼輪筋、上直筋、下直筋など目を支える筋肉があり、
またまぶたを動かす筋肉もありますが、それら筋肉が衰えると目の周辺の血流が悪くなります。
また、筋肉が硬直してコリがおこると、血行を阻害することになります。

目の周りの皮膚は薄いので、血行が悪くなった静脈が透けて見えるのが青クマと呼ばれるものです。
筋力が衰えて、目の下がむくみ、影のようになったクマが黒クマです。
茶クマは、メラニン色素の排出が進まず滞留してシミとして現れたものです。

では、目のクマ 消す方法としては、どのようなものがあるでしょうか。
まず、目のクマを引き起こす原因である目の周りの筋力の低下とコリはどうしておこるのでしょう。
その原因はいろいろとありますが、加齢やストレス、生活習慣などが挙げられます。
特に現代社会では、長時間のパソコン作業などのコリを誘発する作業が多く、
長時間のテレビやゲームも一因と考えられます。