茶クマの原因はスキンケア?

目のくまには3種類あると書きましたが、
その中でも茶クマと呼ばれる、茶色のくまがあります。

この茶クマというのは、シミやそばかすと同じで、
メラニン色素が肌に沈着したものです。

シミが連なったり、目の周りにできることで茶色いくまとして
見えてしまいます。

この茶クマができる原因は、顔にシミができる原因と同じで、
日焼けなど太陽光線を浴びて、過剰に生成されたメラニン色素の沈着ではありますが、
同時にもう1つ、スキンケアに過剰な負担がかけられている場合もあります。
アイラインなどのアイメイクが負担になっている場合もありますし、
また、目をこすり過ぎたりということでシミが発生することもあります。

原因がシミですので、防止はシミ防止と同様の方法となります。
まずは、日焼けを防ぐこと。
太陽光線をさえぎることはは、シミ防止の第一にくるものです。

そして、アイメイクで負担をかけないようにすること。
こすりすぎや引っ張りすぎは厳禁です。
一日の終わりには、アイメイクをしっかりと落としましょう。
落とされていないメイクが色素沈着の原因となることもあります。
その場合にも優しくが鉄則です。

スキンケアを行う場合も、目の周りは優しく、優しくを心がけましょう。
ケアをしているつもりが、却って目の周りの皮膚に負担を与え、
くまを増やすことにもなりかねません。